โครงสร้างองค์กร

        

 

test

 

会社情報

「人を助ける社会を作る」という想いから人々に高品質の医薬品を届けする意思になり、1954年「Suphabosot」という薬局を開始しました。小中薬局から始まり医薬品・ヘルスケア事業に成長、規格基準に伴いタイ製薬企業となりました。そして、1976年「Cox Laboratories (Thailand)」(COX)合資会社に設立しました。

 

2005年医薬品、メディカルハーブ、サプリメントの市場ニーズが大きくなり、「JSP Pharmaceutical Factory Co.,(Thailand)」を設立しました。COXTMとJSPTMというブランドで健康食品・サプリメントの製造のニーズを応対、高質健康食品に求められる業者の依頼を受け安全性と製造規則基準に基づいて製品を製造サービスを提供。そして、経験を達成した研究者と、経営者の健康食品事業に研究開発に力を入れる目的でCDIP (Thailand) Co.,Ltdが設立されました。

 

 

2010年「Thailand Science Park」という研究所の中にCDIP (Thailand) Co.,Ltd(Conceptual Development Intellectual Property)のオフィスを設立しました。Thailand Science Parkとは、タイ初めての研究所であり、研究開発に必要な設備を完全に設置、タイの国立研究機関の4ヵ所(BIOTEC, NANOTEC, NECTEC, MTEC)から3000人以上の職員が集まる所です。CDIP THAILANDのオフィスは、イノベーション1ビル、227号室にあり、Pitsanu Daengprasitは取締役社長として就任。CDIP THAILANDは、研究所・医薬品産業と消費者のビジネス商機の懸け橋として活用することを目指しています。つまり、消費者のサプリメントのニーズを調査、製品企画・開発・販売まで提供致します。現在、サプリメント、医薬品、伝統薬、メディカルハーブ、化粧品の研究開発・受託製造を受けています。

 

                                                                                                          

CDIP THAILANDは、40年以上の医薬品・メディカルハーブ業界の経験があり、10年以上のサプリメント業界経験を持ち、優秀な製品研究開発者と技術研究者が多数あり、最新の技術を研究続けています。また、得意とする技術を持つ工場との連携もあります。その理由で、CDIP THAILANDは、多数の国内のお客様も海外のお客様から信頼を受け、健康食品のワンストップソリューションとして一流企業になりました。当社のサービスは、製剤(Formulation)、食品医療品局登録(FDA Registration)、研究開発(Research and Development)、受託製造(OEM Service)、パッケージデザイン(Artwork Design)、プロダクトトレーニング(Product Training)、知的財産マッチング・活用(IP Matching and Utilization)があります。ASEAN中の健康食品のトップ企業になることは当社の最高目標です。

それに、CDIP THAILANDは、研究成果を社会に生かすようNational Science and Technology Development Agency (NSTDA-Thailand)との研究を協力しています。お客様の満足度を向上するため、より質の高い製品を研究、製造する方針は続けていきます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現在地: ホーム